神社の正しい参拝方法

あなたは大丈夫?意外と知らない神社の正しい参拝方法

◆鳥居のくぐり方
鳥居はそもそも神様のいる聖域と、人間が住む俗界を隔てる結界の意味合いがあります。その為、鳥居をくぐる時には、参道の真ん中は神様が通る道という考えがあるので、参道の真ん中は避けてどちらかの柱に近づいて一旦立ち止まります。そして軽く一礼をして参道の右側か左側を歩きます。神社を出る時にも鳥居をくぐった所で、振り返ってから一礼するのが正しい作法です。

 

◆手水(ちょうず)について
参拝前に手や口を清める為に手水舎があります。
1.柄杓(ひしゃく)で水をすくい、左手を洗う
2.柄杓を持ち替えて右手を洗う
3.柄杓を右手に持ち、左の手に水を乗せて、その水で口をすすぐ
4.口をすすぎ終わったら、使った左手を洗う
5.柄杓に水を入れて縦にしながら、その水で手で持っていた柄杓の柄を洗う

時々、柄杓に直接口を付けて水を口に含ませたり、柄杓の柄を洗わない人を見かけることもありますが、完全にマナー違反なので気をつけましょう。

 

◆お賽銭について
お賽銭は、そもそも神様へのお供え物が形を変えたものとされていますので、そっと賽銭箱に入れてください。尚、お賽銭の金額に関しては、ご縁があるようにと5円を入る人もいますが、その時の気持ちを込め奉納することが最も重要なので、金額を気にすることはありません。

 

◆鈴の鳴らし方について
鈴を鳴らすタイミングに関しては、お参りをする前に鳴らしたり後に鳴らしたりと、特に決まったルールはありません。一般的には、お賽銭を納めてお参りをする前に鳴らします。ちなみに、鈴は大きく鳴らして神様に自分が来たことを知らせてください。

 

◆お参りの仕方について
二礼二拍手一礼と覚えてください。
1.二回深くお辞儀をします
2.パンパンと二回手を打ちます←この時にお願いをする
3.最後に深くお辞儀をします

 

以上で正しい神社の参拝方法は終わりです。お疲れ様でした!一人だけ恥をかかない為にも覚えておいてくださいね。